高野山、御手洗渓谷,我が家の紅葉も今真っ盛り

今年は少し遅いのか、家の紅葉は今見頃です。 何時もの様に秋になれば紅葉色つき見慣れた景色ですが、私には我が家の紅葉には愛着が有ります。 我れ一人、澄み切った青空を背景に見上げる紅葉は美しいです、 師走も足元まで、 この月を振り返れば悲喜こもごも、夫婦仲良く健康…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベラスケと絵画の栄光 プラド美術館展に行って来ました

入道雲湧きたつ夏空から一転、秋雨前線の晴れ間に見える巻雲やうろこ雲に爽やかな秋を感じる様になりました。 夜空には、揺れ動くススキの穂先に見え隠れする満月、野や山には装いを凝らした錦秋の秋、枝もたわわに実る味覚の秋、心を潤す芸術の秋等々、酷暑に痛めつけられた五感に爽やかな刺激を与えてくれる季節が足元までやって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

火星大接近、ペルセウス座流星群、天の川,真夏の星空ロマン

今年の夏の暑さは格別ですが、昼の暑さに較べれば星空を見上げる生石山頂夜半の気温は23度で高原の別天地です。 涼しさもさることながら、満天の星の素晴らしさに惹かれると同時に購入したての星追尾赤道儀ポラリエでの習熟をしたい心が強く7月31日・8月1日・8月3日と続けて満天の星観望に行きました 7月31日火星が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の移ろい

新緑の季節を楽しむ間もなく、自分の置かれた立場ゆえに行事その他で多忙な日々が続き、あっという間に早や梅雨あけも近くなりました それ以外にも庭や木々の手入れにも追われ汗を流す日も多く、疲れた時など新緑の木々を撫で渡る涼風や鶯、ホトトギスの鳴き声にも随分と癒され、思って居る事の80%程が達成でき夏日の日には緑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本一金賞に輝く関西学院グリークラブ聴きに行く

 全日本合唱コンクール金賞に輝く関西学院大学グリークラブの素晴らしい歌声を聴きに行って来また。 何と言っても日本一素晴らしいの一言です ステージで繰り広げられる団員からはこの年齢でしか出せない声の質、若さや重厚さ、柔らかさ、艶やかさ織り交ぜ紡ぎ出される歌声には感動を覚えます。曲目は、愛唱歌やミュージカル曲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家の春、美里町花一番の春

     待ちに待った春も駆け足で過ぎ去っていきます、今年は晴天が続き、桜花を満喫する事が出来ました。 特に、月光に浮かぶ桜には心惹かれ、我が家で我一人、時の経つのも忘れ幽玄の世界に浸ることが出来また。 日を改め、花一番へ行って来ました。 桜は、葉桜に衣を変えだしていますが、広い会場ではまだまだ沢…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ゴッホ・巡り行く日本の夢展

 私、ゴッホの絵が好きです。 厳格な祭司の家に生まれ宣教師を志したが馴染めず、救いを求める貧しい百姓と苦楽を共に 生活にする中で画家として生きて行く事を決意し、そこから生まれた「馬鈴薯を食べる人びと」の素晴らしい画や,当時ヨーロッパの文化芸術に根本的な影響を与え続けていたジャポニズムの中、陰影の無い簡潔な色使い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

如月(二月)に冬と春、二つの季節がせめぎ合う

2月とは言え雪降り、春は未だ足踏み状態です、私達の故郷にも二度の降雪。12日早朝神前自宅付近の田も山も美しい雪景色。紀美野の方も綺麗だろうな~と心が弾み車を走らせる。 階段付近の木々も綿帽子を冠り、芝生の庭も白一色まるでバージンロードの様な気がし足跡を残しがたく 滅多にない雪景色を撮る。 明日、私一月より多忙な日々が続き…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

我が家の庭から皆既月食が見えたよ

  平成30年1月31日は35年ぶりの「スパー・ブルー・ブラット・ムーン」」の日に当たり、メディアでは大きく取り上げられ、今年は全国的に最良の条件で天体ショーが観られると云う好条件で期待に胸が膨らみます。 月食の始まるまる時間帯の月の位置は中天に位置し我が家の庭からでも十分観察できました。 1月のスー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

世界三大美術館・エルミタージュ美術館展素晴らしかったです

 神戸県立美術館で開催されている世界の三大美術館の一つエルミタージュ美術館展を見に行きました。、 エルミタージュとはフランス語で「隠れ家」の意味だと云いますが、写真で見る建物群の壮大さには驚かされます。 特に今回はオールドマスターと云われる巨匠達【ルネサンス16世紀から~ロココ18世紀に至るまで中心的に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明けましておめでおうございます

         明けまして          おめでとうございましう                        更新の少ない私のブログを                何時も開いていて頂き                  有難う御座います …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

兵庫医大で人工内耳手術を受ける事になりました:我が家の紅葉も今見頃です

webry%} 私事ですが、十数年前に事故で蝸牛の組織が損なわれ、段々と年齢と共に難聴が進み、言葉がはっきりと聞き取りにくく、補聴器を着けても会話が成立しにくく 聞こえを取り戻したいと、補聴器を4回更新しましたが私の聴力の低下に対応できず、人との会話を避ける様な感じが有りますが、家族を含め沢山の人と会…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋を求め生石山へ

酷暑に痛めつけられた私の体は、肌を撫で去る風に秋を感じたのか五感も動き始めます。 気になっていた庭木の世話、酷暑の時は中々体は動かし辛く、9月初めにサツキや庭木の剪定を始め、やっと恰好が付き始めましたが、木々は生き物で日々成長を続け、終わりは無く、追っかけっこをしている様ですが、剪定後のすっきりした姿を見る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

心惹かれる高山植物の数々

 残暑お見舞い申し上げます  台風一過尚も連日の酷暑でクーラーの部屋の有難さが身に沁みます。 私、多忙を理由に5ケ月間ブログを休憩しましたが、暑中お見舞いのはがきの追伸に「お元気ですか?・何処か悪いの?」とお心にかけて頂きパソコンのキーをたたき始めまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神戸北野異人館巡りに行って来ました

★、 立春から数日前には二十四節気の雨水も過ぎ、早や啓蟄も目の前に春が待ち遠しい    この頃です。 先日、神戸で会議と懇親会があり終了後、以前から尋ねてみたいと思っていた北野異人館街を訪ねて来ました。 三ノ宮駅からレトロな感じのする名所巡回のバスに乗り北野異人館前で下車、各異人館共通の入場券を買いマップを頼りに異人館巡…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

和歌山県立美術館でミレー、ルノアール、ゴッホ等の美術絵画展がありました

和歌山県立美術館で国内各美術館や個人に所蔵されているミレー、ゴッホ、ルノアール、モネ、ロダン、ドガ、ゴーギャン、ピカソ他や大正時代の若き画家達の展示会が催され行って来ました。 何時もは京都の美術館辺りまで行かなければ見られない様な絵画も自宅から約20分の所でしかも65歳以上は無料で比較的にゆったりと鑑賞が出来、複数回見に行きました…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

      明けましておめでとうございます。            昨年はブログを開いて頂き有難う御座います               本年も宜しくお願い申し上げます 毎年私には大晦日より一月三日迄は大切な行事…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

素晴らしかった高野山の紅葉と御手洗渓谷の紅葉

 爽やかな初秋もあっという間に過ぎ、早や錦秋の便りに身もそぞろ。 多用な日常生活から抜け出し爽快な自然の中に身を置きたく、天気予報では明日は晴天7:30家を出て紀美野町から西高野街道道経由で高野山の紅葉を見に行きます。 標高の低い所の紅葉は色冴えず大門近くで鮮やかな紅葉が目に入り心が高鳴ります。 行…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フォレスタ7コンサートto生石山の夕景&星空

  大好きなフォレスタ コンサートがあり聴きに行きました。 市民会館大ホールは空席無く1400名のフアンで埋まっていました。私と家内の指定席はステージより7番目の席。 偶然にも前売り指定席券を40枚纏めて購入したと言う昔からの歌仲間のグループが座している、数年振り会う友とも話が出来、特に前に座ったK君夫婦と…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

素晴らしかった始皇帝と大兵馬俑展

 ★、今、 始皇帝と大兵馬俑展が大阪で開催されています。十数年前同じ大阪で開催されている時に見た感動が蘇り、京都で一泊二日の研修、懇親会の帰途に展覧会を見に行って来ました。広大な中国では日本の様に天下統一の争が続き、秦の始皇帝が天下統一を成し遂げ、始皇帝を名乗る迄の、一小国から天下統一迄の過程がよく分かり、 統一後の始皇帝の偉大さ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

熊野花火大会、神宿る大丹倉、ペルセウス流星群観望

夏の夜空の祭典 今年で5回目の熊野花火を見に行き、祭典終わりし七里御浜海岸で、満月に照らされテントで一夜を明かす。 翌早朝5時起床、雲で御来光仰げず、微妙な薄明の世界の中で段々と姿を現し移ろい行く自然の神秘性に心打たれます。 花の窟神社に参拝後、丸山千枚田を目指すも、未だ見ぬ天然記念物高さ300mの大岩壁を有する大丹倉に心が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

真夏の夜の夢・涼風恋し・水恋いし

             暑中お見舞い申し上げます  連日酷暑の日々が続き、どこか涼しい所へ逃げ込みたい気持ちもしますが、どこへ行っても望みは叶えられそうにもありません。 それなれば頭の中や、思い出の中で「真夏の夜の夢」ならぬ「真夏の夜の涼」を求めてみた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日本の三大灯祭りと言われる那智扇祭りに行って来ました

 日本の三大灯祭りと云われ、国指定無形民族文化財に指定されている那智大社の「那智の扇祭り」(通称那智の灯祭り)に行って来ました。 古代は永遠の命あるものに神が宿るととの自然崇拝で、那智の滝の御祭神は大己貴尊(大国主尊)・御神体は那智の滝と云います。 当時十二神の神々も滝付近に祀られており、1700年前…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

八雲立つ出雲路出へ

出雲……の……の方々が全国から集い、二日の間で大切な会が有り、参加して来ました 行く目的、場所は観光旅行とは違い少しの緊張感もありますが、朝靄漂う早朝の本殿参拝はいつも感動を伴います。 宿泊場所は旅館、ホテルと各自自由ですが、私は大社境内に泊り、九州からの方々と部屋を共にし、又談話室では他府県の方と色々な話をし、親睦も持て…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

熊野市丸山千枚田・波田須の乙女座他を尋ねる

友達のKさんのを通して初めて合った阪南市のMさんと話が合い、往路コースは→串本橋杭岩・田原海岸・新宮・乙女座・花の窟神社・七里御浜・丸山千枚田。帰途コースは→R311号線渡瀬温泉・白浜インター・帰和のコースで紀伊半島をドライブして来ました。 幸いに梅雨の晴れ間の一日、澄み渡る青空 快適でした。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

薫風から初夏へ

 風薫り花咲き萌えいづるような新緑の春も段々と初夏の装いに変わり始めました。 私も多用な用事の合間に、追っかけられる様にツツジの選定や雑草を抑える防草シート敷き等に精を出しています。 この所、晴天が続きますが夜になると雲が夜空を覆い又、満月に近い月の光が星の姿を消し去り、暫らくの間は星空散歩が出来にくい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

モネ展・ルノアール展開催の京都市美術館へ

新緑映える京都市美術館で開催されているモネ展と入口は違えども同じ場所で開催されているルノアール展を見に行って来ました。 さすが印象派の巨匠達の美の饗宴です、和歌山駅8:29分発→会場へは11:20分着既に大勢の人々が並んでいます、入場者制限をしながらなので一時間以上の待ち時間と思っていましたが、係りの方に……証明を見せると「お入り…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

紀美野町にある「花いちばん」に行って来ました

 先日、「星空サークル」の開講時に貰ったパンフレットに誘われて、紀美野町にある「花一番」へ行って来ました。 入場料は\200。初めて会った園主、何と私達の包容力のある協会理事長さんによく似た感じがし一度に親しみを感じました。「初めて来ました」と云う私に「案内しましょうか」と云って既に咲き終わった桜の木々の下を通り過…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

青い海に白く輝く石灰岩の絶景、県立公園白崎海岸に行って来ました

  何時も星空を見るのに街の明かりの無い所と考えていました、偶々新聞に白崎海岸の 新しいハイキングマップが出来たと有り、夜空の素晴らしさを想像し切手同封にて役場にお願いしマップの送付を受けました。 白崎海岸には数十年前に一度だけ、今日は稀に見る晴天、景観、夕日、星空と少し欲張った計画で10時に家を出ます…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

兵庫医大で斜視の手術を

私10年ほど前から、空飛ぶ一匹の鳥が二匹に見え飛行機が二機に見え、近くの物が極端ではないが二重に見え焦点が定まらず、二匹が一匹に、二機が正常な一機に見えないものかと悩み5箇所の眼科に行き症状を訴えますがどこの眼科先生も「大丈夫ですよ」「どうもないですよ」との診断のみです。 「先生方の云う事がおかしい」と思いながらのある日、NH…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more